スマートリモコン 外出先 操作可能

          
またまた、スマートフォン関連の商品。

エアコンや風呂のお湯張りをスマートフォンを使ってできるのはよく聞くことだが、そのほかの電気機器もスマホからON/OFFできるのがサンワサプライから発売された『スマートリモコン「SwitchBot Hub Plus 400-RC006」』だ。

エアコンやテレビ、照明などの赤外線リモコン対応の家電製品を外出先からでも操作可能なる。
赤外線リモコンだけでなく、電気機器のスイッチをスマホ操作でON/OFFできる別売の「SwitchBot」を利用して、電気のスイッチなども操作できる。
   

また、Google HomeやAmazon Echoなどにも対応しており、スマートスピーカーに「照明をオフにして」などと言えば、操作が可能になる。
  

本体サイズは約120×35×78mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約72.5g。
電源アダプターと壁面取り付け用マグネットが付属する。
   
                      ​

スマートフォン Qi規格対応 保温

          
最近のスマートフォングッズの多彩さには驚く。

ドラえもんの4次元ポケットのように、「こんなものがあればいいな」と思ったものが次々に発売される。
そんなスマホ関連グッズでこれからの季節にありがたいのが、Qi規格対応でスマホのワイヤレス充電ができるコースター型のマグウォーマー「CIO-MGW-QI10W」だ。
   

付属の専用セラミックマグに飲み物を入れ、コースター型のチャージャーパッドに載せることで保温できる。
チャージャーパッドはQi規格に対応しており、スマートフォンのワイヤレス充電も可能となっている。
   

チャージャーパッドにマグ検知センサーを搭載していて、マグを置いているときだけ保温される。
約40~55℃で、最長8時間の保温が可能。8時間後に自動的に保温がオフになる。

チャージャーパッドは無線誘導加熱方式を採用しており高温になりにくいうえ、生活防水設計で誤って飲み物をこぼしても安心だ。
急速ワイヤレス充電にも対応しており、Galaxyは10W、iPhoneは7.5Wの出力で充電できる。
   

チャージャーパッドのサイズは110×117×9mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約90g。
マグカバー、充電アダプタ、USB Type-Cケーブルが付属。
チャージャーパッド・セラミックマグのカラーはホワイトとブラックの2色。
   

                      ​

秋の京都 紅葉のトンネル

          
11月も半ばを過ぎて朝夕の冷え込みも厳しくなってきた。

この頃になると、京都の紅葉も一段と美しさを増す。
東福寺や清水寺、高雄の紅葉が有名だが、おすすめしたいのは、叡山電車の「紅葉のトンネル」だ。

叡山電鉄鞍馬線の市原-二ノ瀬間に多くのカエデが植えられており、その紅葉が真っ最中。
その間を抜けて走る叡山電車は、その間でライトアップもしている。
20191119_1.gif

さらに、電車も紅葉のトンネルを抜ける間は徐行運転をしてくれる。
車両も上部までガラスの「きらら」も運行されていて紅葉のトンネルを楽しむには最適の車両だ。


京都の紅葉も今が見頃。紅葉を楽しむならお早めに。
なお、叡山電鉄鞍馬線へは、京阪電車出町柳駅から乗り換えが便利。
叡山電車(えいでん)・京阪電車(けいはん)1日観光チケット」を利用すれば、2,000円で乗り放題だ。

                      ​

カメラ翻訳 POCKETALK ポケトーク S

          
最近、日本を訪れる外国人が多くなっている。

中でも京都は外国人観光客が多い。
また、地方都市を訪れる外国人も多いらしい。
そんな各地でトラブル対応に翻訳機が使われていることが報道されていた。

逆に我々日本人も海外へ出かけることも多くなっている。
そんなときに便利なのが、ソースネクスト(SOURCENEXT)から12月6日に発売される「翻訳+カメラ翻訳 POCKETALK ポケトーク S」だ。
この商品、文字を入力しなくてもカメラで撮影した文字を自動で翻訳してくれる。
   

さらに、55の言語を自動認識できる優れものだ。
複数の言語が表記されているものもそれぞれの言語として認識して翻訳できる。
また、読みたい部分をタップするとその言語での発音も可能で、レストランの注文などにも使うことができる。


翻訳機能がメインの商品だが、AI英会話レッスン機能、現地通貨換算機能、現地時間の自動表示などの機能も備えている。
そして、訪問国や、翻訳回数、翻訳した言語数、Wi-Fi接続実績、アップデータ実績などが自動で記録され、その達成度に応じてメダルがもらえる仕組みもあり、モチベーションアップにもなる。
  




本体サイズ:53.8x91.6x11.5mm (幅×高さ×奥行)、重量:75g 。
対応言語:音声翻訳対応言語数:74言語、カメラ翻訳対応言語数:55言語
付属品:ハローカード、ユーザー登録カード、使用許諾条件書、ハードウェア保証書(個人向け、日本国内のみ)、ACアダプター、充電用USBケーブル(本体側:USB Type-C 給電側:USB Type-A)、取扱説明書



その他仕様:
  ディスプレイ:2.8インチ、解像度:640x480px、タッチパネル
  カメラ:リアカメラ800万画素オートフォーカス
  スピーカー マイク:1.5Wスピーカー × 2 / ノイズキャンセリング機能搭載デュアルマイク
  CPU:ARM Cortex53 Quad-Core 1.3GHz
  OS:Android OS 8.1のカスタマイズOS
  メモリ:ROM 8GB / RAM 1GB
  充電端子:USB Type-C
  バッテリー:1200mAh リチウムイオン電池
  連続待受時間:約60時間
  充電時間:約105分
  ワット時定格量:4.56Wh
  充電仕様:入力電圧:5V / 入力電流 2Aまで

                      ​

コードレス 衣類スチーマー La・Coo S

          
最近、ワイシャツのアイロンがけをしてみたが、やはり手間のかかる作業だ。

そんな作業を楽にしてくれるのが、東芝のコードレス衣類スチーマー「La・Coo S」だ。


特に出かける前に気になるシワを見つけたときなど、わざわざアイロン台をだしてアイロンがけは面倒だ。
このコードレス衣類スチーマーを利用すればすぐにシワ伸ばしができる。
ハンガーに掛けたままスチーマーをかけるだけ。
一回の給電で最長1分30秒もスチームが持続する。


コードレスが特徴の衣類スチーマーだが、長時間使用の場合は給電プラグを接続してコード付きで使用することも可能だ。
スチーム量は、シャワースチーム設定(最大約12mL/分)、スチーム設定(最大約9mL/分)と2段階切替えで、シワの深さや衣類等に合せてしっかりとシワを伸ばすことができる。

さらに、スチーマー以外にアイロンとしても使える優れもので、ボタンの間もアイロンがけがしやすくなる「楽がけライン」が付いている。
死傷しない状態が10分以上続くと、自動で電源オフで安全にも配慮されている。

主な仕様は以下のとおり。
本体サイズ:137×71×179mm (高さ×幅×奥行)、本体重量:0.71kg。消費電力:1200W。
付属品 :コードセット、スタンド、収納袋、水量カップ。
消し忘れ防止機能付き
かけ面:セラミックコート、タンク容量:65mL。
スチーム量:最大 約12mL/分、スチーム持続時間:最長 約1分30秒(コードレス時)、最長 約7分10秒(コード付時)。
立ち上がり時間:約80秒、温度:3段階 低/中/高
スチーム孔:8個、コード付き長さ約193mm、 オートバブル。


                      ​