iPhone データバックアップ


ガラケーからスマホに機種変更して2年余り、未だにガラケーでもいいかと思う。

しかし、家族や友達との連絡にはスマホが必須アイテムになってしまった。
料金プランの見直しを兼ねて3月末に機種変更もした。

そんなとき、最近のスマホはバッテリの交換ができないことに気が付いた。
使い慣れたスマホを使い続けたいが、いずれバッテリーが使えなくなる。
そうするとイヤでも機種変更をしなければならない。

現在使用中の機種も含めた2機種は、SDカードに写真データを保存しているので、
使えなくなっても写真データはSDカードから抜き出せるが、中にはSDカードが使えないものがある。

その代表格がiPhoneだ。世に出たときから、iPhone、iPadのアップル製品は、SDカードが使えない。
オマケにパソコンとのデータのやりとりにもパソコンは1台の制約がある。
それが不便でiPhoneは購入の候補に挙がらなかった。

しかし、そのiPhoneのデータバックアップを簡単にしてくれるアイテムがある。
それが、フォーカルポイントから発売された「Maktar Qubii Pro(マクター キュービィ プロ)」。
昨年、クラウドファンディング・Makuakeで支援募集した製品だ。

この製品、iPhoneの充電をしながらmicroSDカードにバックアップしてくれるので時間も無駄にならない。
使い方は、充電器とケーブルの間に接続し、専用のアプリをiPhoneにインストールして設定をしておくと後は自動でバックアップしてくれる。
バックアップの対象は、写真や動画、連絡先、SNSに投稿した写真などほぼすべて。


バックアップなので、当然復元も可能である。
iPhoneから削除した写真なども専用アプリから復元可能だ。
また、SDカードリーダーとしても利用可能で、デジカメのSDカードなども読み取れる。

本体サイズは約25×26×28mm(幅×奥行き×高さ)。重さは約16g。
USB-Aコネクタ(オス)、USB-Aポート(メス)、microSDカードスロット(最大512GB)を備える。
なお、USB3.1の高速ファイル転送と12W充電に対応する。
本体カラーはスペースグレイとゴールドの2色、価格は税抜き6,980円。