電源タップ ACアダプタ 専用差込口


携帯電話やスマートフォンが普及して欠かせなくなったのが充電だ。


出先では、充電できないことが多いので、モバイルバッテリーを利用する。
そのモバイルバッテリーも充電が必要だ。
そのほかにも充電が必要なものが多くなっている。


一方、家庭にも多くの電化製品があり、それらの電源を確保する必要がある。
そんなときに重宝するのが、延長コードと呼ばれる電源タップだ。
ただ、これまでの電源タップは、大型のACアダプタを接続すると差込口が1つ使えなくなってしまう。


そんな悩みを誰もが経験したことがあると思うが、それを解消してくれるのがサンワサプライから発売された電源タップ「TAP-S10N」シリーズだ。
その特徴は、ACアダプタの専用差込口がレイアウトされていることだ。
6つの差込口のうち5つは通常と代わらないが、1つだけ間隔を広くとってACアダプタを挿しても他の口の邪魔にならずに使うことができる。
うまく使えば2個のACアダプタを使用しても無駄にならない。
  

差込口には個別に独立したON/OFFスイッチがついており、使用していない機器の電流をOFFにできるので節電対策にも最適。
また一括集中スイッチとしても使える、安全ブレーカーを内蔵したブレーカーリセットスイッチを搭載。
消費電力が合計1,500Wをオーバーしたときや許容量を超えた場合に作動し、火災事故などを防止する。
  


差込口はスライド式のホコリ防止シャッター付き。
コンセントプラグの根元部分にも絶縁キャップが付いており、トラッキング火災の予防にも効果的。
本体サイズは308×64×25mm(幅×奥行き×高さ)。