ネオスマートペン バカ売れ


今年3月に5Gが一部地域でサービス提供が始まり、IoTがますます広がっていく。


他にもスマートフォンの普及でスマホと連動した多くのアイテムも販売されている。そのひとつが「ネオスマートペン M1」だ。
  

専用のノートに書いたことをペンに内蔵されたカメラが読み取りデータ化する。画像としての保存、転送のほか文字認識機能でテキストデータとしてスマホに取り込むことができる。
  

たとえば、専用のダイアリーに書き込むとそのままスマホに取り込まれ、スマホのスケジュールに登録される。さらにはグーグルカレンダーとの連携も可能だ。手帳とスマホの両方に記入、入力ができスケジュールの同期が簡単にできる。(スマホとの連携には専用アプリが必要)


実際の使用例がYouTubeの動画で紹介されている。BS12で放送中の「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所」の動画を見ればその使用方法がよくわかる。
  

主な製品仕様は、以下の通り。
対応環境:Android Kitkat 4.4以上、 BT2.1以上、iOS8.1以上、BT4.0以上
通信方法:Bluetooth4.2
メモリ:100MB内蔵
バッテリー:充電式 Lithium Polymer バッテリー3.7V/280mAh
充電時間:約90分
本体サイズ:長さ149.6mm(キャップ除く)、厚み10.4~10.9mm、重量17.4g(キャップ除く)
ボールペン心:D1標準タイプのボールペン芯