コロナ 第2波


今日は梅雨の中休みか雲が切れて晴れ間が見え、久しぶりに夏の暑さを感じる日となった。


本来なら小中高生はもうすぐ楽しい夏休みといったところだが、今年は全国の90%以上の学校で夏休みが短縮されている。


しかし、7月23日からは東京オリンピック開会式のために設定された4連休が始まる。そして、この4連休には「Go To トラベルキャンペーン」で全国各地への旅行、宿泊の半額が補助されることになった。


そのキャンペーンも間際になって東京のコロナ新規感染者が200人を超える日が続き、キャンペーンの対象から東京発着を除くなど混乱が生じている。


4月に発令された緊急事態宣言で国民の多くが外出自粛をしたことにより、感染拡大を阻止した感があったが、解除後の往来増加により再び感染が広まり、第2波の予感が広がっている。


確かに5月は街中の人や車が極端に減少し、新規感染者も日に日に減少していった。海外からは不思議に思われていたようだが、一定の効果があった。


その反動か緊急事態宣言の解除後は街中に人があふれ出し、新しい生活様式が求められていたが、過去の習慣はすぐには変わらない。それもあってか、東京を中心に大都市圏で感染が拡大しつつある。


自分自身もそうであるが、自粛によるストレスから解放されたことにより、感染に対する警戒感一気に緩んでしまった。日々感染には気をつけているが、外出が増えることで気づかず感染していることもある。


そこへ「Go To トラベルキャンペーン」と来れば、全国への感染拡大は必至だろう。東京発着にとどまらず、開始を見直すことも必要なのではないだろうか。


どこかへ出かけたいのは山々だが、今年はやはり大人しく自宅周辺でのプチ旅行を楽しむのが一番ではないだろうか。


一番の贅沢は、自宅近くの高級ホテルに泊まることかもしれない。